ここからメイン部分です。

病理検査

内視鏡検査や手術の際に得られた細胞や組織を用いて、病理学的に確定診断します。 治療方針の迅速な決定に寄与し、患者の予後向上を目指します。

学会での活動ページへ

業務と診断体制

業務

病理検査室の主な業務をご紹介します。 毎週2日間の出張医、細胞診検査士2名を含む臨床検査技師3名体制で業務を遂行しております。

病理スタッフによる鏡検(顕微鏡検査)
病理スタッフによる鏡検(顕微鏡検査)
病理組織診断
永久標本を作製し、顕微鏡を用いて組織診断をいたします。
迅速病理診断
外科手術中に凍結標本を作製し、組織診断を行います。 おおむね20分以内に組織の良悪や、進行度を術中の術者に伝え、手術の方向性を決定してもらいます。
細胞診断
侵襲の少ない尿、喀痰、婦人科検体を用いて、細胞の良悪を調べます。 最近では、侵襲的な検体採取も積極的に行なわれ、人体のあらゆる細胞を検査対象としています。
病理解剖
不幸にして亡くなられた場合、主治医がご遺族の承諾をいただいたうえで、死因は何か、診断は妥当か、治療の効果は得られたのか等を検証する目的で、おおむね2-3時間程度いただいて、有資格者により執り行われる全身検査です。 故人の最終診断となります。
  • 院内で免疫染色を行います。 乳癌の場合、ホルモンレセプター発現の有無を調べます。 血液の癌であるリンパ腫の場合、組織型確定のために細胞を様々に“染め分け”ます。 いずれも診断結果が治療に直接関わるため、数日で結果を出します。
  • 細胞診断は、婦人科検体が7割で、以下、外科・泌尿器科と続きます。 2010年からは細胞診にも免疫染色を導入しています。

ここまでがメイン部分です。

ページの先頭へ