ここからメイン部分です。

診療部 治験診療録室

治験診療録室のスタッフ
治験診療録室のスタッフ

治験と診療録(カルテ)管理業務のふたつの業務を行なっています。 治験診療録室には、医師事務作業補助(クラーク)業務に携わるスタッフが所属しています。

業務内容

治験業務

治験ってなに? 薬のイラスト

治験とは、化学合成や植物・土壌中の菌、海洋生物などから発見された物質の中から、試験管実験や動物実験によって病気に効果があり、人に使用しても安全と予測されるものが「くすりの候補」として選ばれます。 この「くすりの候補」の開発の最終段階では、健康な人や患者さんの協力によって、人での効果と安全性を調べることが必要です。 こうして得られた成績を国が審査して、病気の治療に必要で、かつ安全に使っていけると承認されたものが「くすり」となります。

人における試験を一般に「臨床試験」といいますが、「くすりの候補」を用いて国の承認を得るための成績を集める臨床試験は、 特に「治験」と呼ばれています。

「治験」ホームページ(厚生労働省)

治験診療録室は、患者様のご理解とご協力により、治験にかかわるさまざまな業務を行なっています。

診療録管理業務

診療記録を専門的に管理・整理することは、安全で高度な医療の研究・教育を支えるために必要な業務です。 また、正確な診療記録の確保は、患者様の安心を得るためにも欠かせない要素でしょう。 患者様が退院したあと、診療録が速やかに搬入されるよう医師事務作業補助(クラーク)と連絡を取り合い、診療録を保存・管理するのが基本的な仕事です。 またDPC(診断群分類包括評価)に基く包括医療制度(医療費の定額支払い制度)にも携わっています。

DPCへの取り組み 医師のイラスト
当院の医療費制度については以下の記事をご覧ください。

お知らせ | 留萌市立病院はDPCで入院費を計算します

医師事務作業補助(クラーク)業務

これまで医師が行なっていた診断書などの文書作成や処方せんの作成、検査の予約などの事務的業務を、医師の指示のもとで代行する業務です。 勤務医の負担を減らすことにより、継続的に安定した医療提供体制を整えることが目的です。 医療現場の人手不足を軽減させ、いわゆる「医療崩壊」を防ぐための鍵となる存在です。

ここまでがメイン部分です。

ページの先頭へ