ここからメイン部分です。

放射線科

業務と設備

業務内容

放射線科では、院内ネットワークを利用して検査を確認し、検査結果や会計情報を各外来や詰所、会計カウンターなどに転送しています。

受付では、各外来・詰所からのオーダーを端末で確認して各検査室に転送します。
各検査室では、検査結果の画像や会計情報を各部署に送信します。
検査結果は院内ネットワークによって、各部署の端末で見ることができます。

各検査室の役割

一般撮影室
一般撮影室
一般撮影室

みなさんご存知のように、いわゆる「レントゲン写真」を撮影するところです。 ここでは CR(コンピュータX線撮影) という方式を採用しています。 撮影されたものをデータとしてコンピューターで処理し、各端末に送信します。

CT室
CT
CT

ご存知の方も多いと思いますが、CTとは「コンピュータ断層撮影」といい、体内を輪切りにした状態で見ることのできる機器です。 また、部位によっては、造影剤という薬を使うことでより詳しく検査することがあります。

医師のイラスト 当院に導入されているCTは「64列マルチスライスCT」というもので、検査時間の短縮と驚異的な解析技術を備えた装置です。

X線TV室
X線TV室 X線TV室
X線TV室

X線TV室では、体内のようすをリアルタイムで見ることができます。 胃のバリウム検査や、脱臼の整復、消化器系の内視鏡による検査・処置などを行なっています。

骨塩・乳房撮影室
骨塩・乳房撮影室
骨塩・乳房撮影室

骨密度の検査と乳房の写真を撮る部屋です。 骨密度検査では、高年齢の女性に多いと云われている骨粗しょう症の検査をします。 乳房撮影では、乳がん検診でも使われる装置で、乳房を圧迫して撮影をします。

MRI室
MRI
MRI

MRI室では、機械の磁力を利用して、X線では見ることのできない部分(靭帯など)のようすを見ます。 X線を使わないので、被曝の心配はありません。
せまい機械の中に入って検査しますが、検査中にドンドン、ダンダン、といった音が出ます。

看護師のイラスト MRIでは、ペースメーカーや手術クリップなどを装着されている方は検査できません。 また、湿布・カイロ・ヘアピンなどは、検査中に熱をもってしまいヤケドするおそれがありますので、外して撮影します。

血管造影室
血管造影室
血管造影室

血管造影室では、カテーテルという細い管を使って体内の血管のようすを見ます。 また、ペースメーカーの埋め込みや、血管内手術もこの部屋で行われます。

RI室
RI室
RI室

RI室では、RI(放射性医薬品)を注射して、目的の臓器の働きなどをうかがい知ることができます。 放射性医薬品は、体外への排泄が速やかなため、被曝の心配はありません。

ここまでがメイン部分です。

ページの先頭へ