このページは別ウィンドウで表示しています。ヘッダーとフッターはありません。

ここからメイン部分です。

看護部長からのメッセージ

茂木看護部長の近影

[看護部長] 茂木 二三子(もき ふみこ)
昭和34年生まれ
道立衛生学院 看護婦第2科卒
昭和57年 留萌市立病院入職
以来、一筋に当院勤務
平成22年4月より現職

私がめざすもの(キーワードは「生きる力」)

「生きる力」に添うことができる人間であること。
「生きる力」に添うことができる人を育てること。

「生きる力」を支えることができる人間であること。
「生きる力」を支えることができる人を育てること。

「生きる力」を分けてもらうことができる人間であること。
「生きる力」を分けてもらうことができる人を育てること。

失敗はやり直しましょう、何度でも。 できるだけ、他からの力と知恵も借りて。 そして、他も助けましょう。 心地よい職場環境を作りましょう。 職員が生き生きしている職場は、患者様やご家族にも過ごしやすい療養環境です。

地域センター病院としての多機能性をもつ当院では、ジェネラリストとして、どの現場でも力を発揮できる看護師を養成していくことを看護部の基本方針とします。
ただし、スペシャリスト(認定看護師専門看護師ナース・プラクティショナー)を目指す人には、その力を発揮できる職場環境の提供と整備を行います。

ここまでがメイン部分です。

ページの先頭へ