ここからメイン部分です。

検査チーム

業務内容

検査チームの作業のようす
検査チームの検査のようす

当院の「検査チーム」は、内視鏡検査から放射線検査などすべての検査にかかわっています。 とくに内視鏡検査においては、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)などの最先端の治療を行なっています。

医療関係者むけ 内視鏡検査実績(平成27年度)

  • 上部消化管 2,002件(うち EMR 3件, ESD 14件)
  • 下部消化管 1,076件(うち EMR 184件)
  • ERCP 184件

早期胃がんのESD症例

早期のがんを内視鏡と特殊なナイフを使用して切り取る方法をご紹介します。

ご注意: 下のボタンを押すと、参考画像(内視鏡による体内の写真)が表示されます。人によっては気分を害するおそれがありますのでご注意ください。

1. がん病変を確認
がん病変を確認

2. 切除範囲確定のためのマーキング
切除範囲確定のためのマーキング

3. 周辺を切開
周辺を切開

4. 粘膜下層の剥離
粘膜下層の剥離

5. 病理標本の摘出
病理標本の摘出

6. 治癒
治癒

ここまでがメイン部分です。

ページの先頭へ