ここからメイン部分です。

臨床検査科

臨床検査科では、血液や生体などをもとに患者様の傷病の状態を評価するための検査を行なっています。

当院でお渡ししている「検査項目説明書」 医師のイラスト

生化学検査・糖代謝・血液一般検査・尿検査などの各種検査について、検査項目と解説がまとめられています。
各検査でどのようなことがわかるのか、参考にしてみてください。

留萌市立病院 検査項目説明書

各種検査について

血液・輸血・一般検査

臨床検査科のスタッフ
臨床検査科のスタッフ
各血液検査のようす
機器
機器
各血液検査のようす
各血液検査のようす
血液一般検査
血液一般検査は「自動血球分析装置」をもちいて、血球成分を測定したり顕微鏡で形態を観察することで、貧血や血液の病気がないかを調べる検査です。
凝固・線溶検査
出血の際に傷口を治す働きに異常がないかを調べる検査です。 このはたらきに異常があると出血が止まりにくくなり、また簡単に出血しやすくなります。 手術や出血をともなう可能性のある検査の前や、経口抗凝固薬(ワーファリンなど)のような血液を凝固しにくくするお薬を飲まれている場合に行う検査です。
骨髄検査
血液をつくる場所である骨髄から骨髄液を取り、「骨髄塗抹標本」というものを作ります。 標本に色付けをして顕微鏡で観察することで、血液の病気がないかどうかを調べます。
輸血検査
おもに血液型検査や交差適合試験を行なっています。 交差適合試験とは、輸血前に副作用が起こるのを避けるために行なう試験です。
当院では患者様に安全な輸血を受けていただくため、隔月で「輸血療法委員会」がひらかれています。 委員会では、厚生労働省が定めた指針を遵守したマニュアルの作成や副作用管理などを行なっています。
一般検査
尿・便・胸水や腹水、髄液などの性状を検査します。 なかでも尿検査は頻繁に実施される検査で、尿に血やタンパク成分などが混ざっていないかどうか、また赤血球や白血球、細菌などがどのくらいあるかをみています。

生化学検査

生化学検査のようす
機器
生化学検査のようす

生化学検査は、血液や尿にふくまれている多くの化学物質を測定し、健康状態、診断や治療効果の判定を行なう重要な検査です。 3台ある「生化学自動分析器」をつかい、肝機能・腎機能・糖代謝・脂質検査・血中薬物濃度など55項目を検査しています。 免疫検査は、B型、C型肝炎ウイルスやヒト免疫不全ウイルス(HIV)・腫瘍マーカー・ホルモンなど、25項目の検査です。

細菌検査

感染症のうたがいがある患者様を対象とした検査です。

細菌検査のようす
細菌検査のようす
細菌検査のようす
細菌検査の流れ
  1. 塗沫・鏡検
  2. 分離培養
  3. 純培養
  4. 同定
  5. 感受性

※検査には、血液・髄液・喀痰(たん)・咽頭・鼻くう・尿・便などを使います。

PCR(遺伝子検査)では、結核菌やクラミジア、淋菌の検査を行なっています。 また、短時間で結果がわかるインフルエンザ、ノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスなどの検査も行なっています。

「腸内細菌」をご存じですか? 医師のイラスト

ヒトの腸内にはたくさんの細菌が住んでいます。 これらの細菌は、人の健康にとってとても大切な働きをしています。 消化を助けたり、免疫力を強くしたり、ビタミンを作ってくれたり、などなど。 「乳酸菌(ビフィズス菌)」が有名ですね。

ただ、良い働きをする「善玉菌」に対して、悪さをする「悪玉菌」もいます。 たとえば、オナラが臭いのは、悪玉菌が増殖して腸内が腐敗しているからです。 (便秘で食べ物が腸のなかに長く停滞している、という場合もあります。)

ウェルシュ菌などの悪玉菌は、腸内を腐敗させ、発ガン物質や毒素をだして体の抵抗力を弱めてしまいます。 さらには、肝障害や高血圧、ガンや老化など、病気を引き起こす原因にもなります。

細菌検査室は、そうした悪い細菌(ばい菌)やウイルスがいるかどうか、またどのような治療薬が効くのかということを調べています。

生理機能検査

いろいろな診断機器を使い、直接、身体から情報を抽出し解析・診断する検査です。

心電図検査
心電図検査
超音波検査
超音波検査
ABI・CAVI
ABI・CAVI
脳神経検査
脳神経検査
神経伝導検査
神経伝導検査
心電図検査
心臓が動くときに発する電気から心臓の働きを調べる検査です。 心筋虚血、不整脈、心房・心室の肥大や拡大、薬効などを評価します。 両手足と胸に電極をつけ、1分ほど記録します。 不整脈に対しては心電図を24時間記録するホルター心電図、狭心症に対しては運動負荷心電図(トレッドミル・マスター試験)も行なっています。
超音波検査
超音波の反射を利用して、おなかや心臓の動きなどをリアルタイムに調べる検査です。 放射線の被曝や痛みはありません。(検査時間: 約30分)
ABI・CAVI (血圧脈波検査)
両手足に血圧計を巻き、心電図や心音図と同時に血圧を測ることにより、ひざ下の動脈硬化や血管のつまりを調べます。 四肢の冷感・疼痛・しびれ感・間欠性跛行などの症状があるときに行ないます。(検査時間: 約10分)
脳神経検査
脳波を記録する検査です。 脳に関係あると思われる症状(けいれん・頭痛・失神など)や疾患(てんかん・腫瘍・頭部外傷・神経異常など)がうたがわれるときに行ないます。 (お子様の場合、眠らせて検査するため、1時間半から2時間ほどかかることがあります。)
神経伝導検査
神経がうまく信号を伝えるかどうかを調べる検査です。 手のしびれや痛み、力が入りにくいときなどに行ないます。 低周波治療器のような刺激があり、痛みをともなう検査です。(検査時間: 30分から1時間半)
病理検査
内視鏡検査や手術の際に得られた細胞や組織を用いて、病理学的に確定診断します。 治療方針の迅速な決定に寄与し、患者の予後向上を目指します。

病理検査のページヘ

臨床検査科の業績 スタッフのイラスト

臨床検査科スタッフによる院内・院外での取り組み、学会での発表などについてまとめました。

臨床検査科 業績集

ここまでがメイン部分です。

ページの先頭へ