平成27年度 留萌市立病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 237 44 55 80 100 239 523 931 1012 308
 当院は、増毛町から天塩町まで南北130kmにわたるほか、天売・焼尻の両島を含む広大な留萌医療圏の地域センター病院として、地域にねざした医療を提供することを目指し幅広い年齢層の患者さんに医療を提供しています。また、留萌医療圏の二次救急医療の中心的役割を担っており、24時間救急体制を確保するとともに、圏域唯一の緊急手術及び出産にも対応しています。年齢の傾向としては、70歳以上の患者さんが多く、高齢者に対する入院治療を多く行っている傾向です。 
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 80 19.24 14.34 2.5 80.73
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 69 13.22 12.60 5.8 83.48
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 50 2.22 2.93 0.00 76.42
 内科は、内科疾患全般を治療する総合内科と消化器疾患を中心に治療する消化器内科に分かれています。総合内科では、一般内科・膠原病・内分泌・免疫・感染症・血液と幅広い分野の診療を行っています。肺炎や尿路感染症の件数が多く、平均年齢が80歳代と高齢の患者さんが多い傾向にあります。消化器内科では、大腸ポリープや大腸腺腫などの患者さんも多く、内視鏡的結腸ポリープ切除術を実施する短期入院の患者さんも多く入院しています。当院では、上部・下部消化器官内視鏡、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)をはじめとして、胆道ステント留置術や消化管悪性狭窄に対するステント留置術など、消化器疾患に対する内視鏡的治療を積極的に行っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 73 24.00 18.30 9.59 79.73
050130xx99020x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 23 23.13 26.20 4.35 78.39
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 21 10.43 14.34 4.76 76.71
 循環器内科では、急性冠症候群、急性心不全、頻脈性および徐脈性不整脈などの急性疾患や、狭心症、弁膜症、拡張型および肥大型心筋症、慢性心不全、高血圧、脂質異常症、糖尿病、慢性腎不全などの慢性疾患の診断と治療を行っており、特に心不全の患者さんが多く入院しています。当院では、心臓カテーテル検査や経皮的冠動脈ステント留置術などの治療を行う一方で、循環器疾患に合併した肺炎など内科全般の治療にも対応してます。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 54 5.72 6.31 0.00 4.22
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 51 5.00 5.72 5.88 2.86
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 30 4.07 5.50 3.33 3.07
 小児科は、感染による胃腸炎・咽喉頭炎・気管支炎・肺炎、インフルエンザや気管支喘息など小児疾患全般の治療を行っています。特に、喘息や肺炎など呼吸器疾患が多い傾向になっており、次いで急性腸炎などの消化器疾患になっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 19 5.42 4.66 0.00 60.84
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 13 8.31 6.72 0.00 46.92
060150xx03xx0x 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 副傷病なし 12 6.17 5.56 0.00 47.75
 外科は、消化器外科・呼吸器外科・血管外科、外傷などの緊急疾患にも柔軟に対応しています。悪性腫瘍に対する化学療法も実施しており、乳癌に対する化学療法を実施する患者さんが多く入院しています。腹部一般・消化器外科手術、呼吸器外科疾患、血管外科疾患、乳腺・甲状腺疾患などの手術を行っており、腹腔鏡・胸腔鏡下手術も積極的に取り入れています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 70 54.24 28.70 1.43 82.57
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 31 6.52 5.70 0.00 63.03
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 28 27.36 21.52 3.57 81.93
 整形外科は、外傷に対する手術、腰椎椎間板ヘルニアに対するヘルニア摘出術や変形性膝関節症に対する人工膝関節置換術など変性疾患に対する手術も行っています。特に高齢の大腿骨骨折等で入院する患者さんが多い傾向にあります。当院では回復期リハビリテーション病棟があり、手術後、自宅に退院するまで安心してリハビリテーションができる体制を整えています。

脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 30 55.33 18.08 13.33 73.9
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 16 38.19 15.80 12.5 78.13
010060x099031x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病あり 13 101.69 34.68 23.08 79.23
 脳神経外科は、脳梗塞、脳出血、てんかん、パーキンソン病、認知症など脳疾患全般の治療を行っています。特に脳梗塞の患者が多く、平均年齢が70歳代となっています。留萌管内では脳卒中地域連携パスを作成しており、他の医療機関及び介護施設等と連携する体制を整えてます。また、当院には回復期リハビリテーション病棟があり、退院するまで安心してリハビリテーションが出来る体制を整えています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 14 18.64 20.87 28.57 28.14
120140xxxxxxxx 流産 13 1.85 2.34 0.00 32.23
120165xx99xxxx 妊娠合併症等 手術なし 12.23
 産婦人科は、留萌医療圏唯一の出産が出来る医療機関として圏域の周産期医療を担ってます。通常分娩の他、切迫早産等の患者が多い傾向にあり、子宮や卵巣などの疾患に対する手術等も行っています。里帰り分娩も受け入れており、留萌で安心して分娩が出来る様な体制を整えています。

 ※ 患者数10件未満は「ー」で表しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 13 10 23 1 7
大腸癌 10 17 28 1 7
乳癌 24 10 36 1 7
肺癌 17 1 7
肝癌 10 14 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 癌の5大癌と呼ばれる、胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者さんの人数を初発のUICC病期(ステージ)分類別、および再発に分けて集計しました。

注:期間内の延べ患者で集計しています。

※UICC病期分類
 国際対がん連合(UICC)によって定められた、原発巣(※)の大きさと進展度、所属リンパ節への転移状況、遠隔転移の有無の要素によって各癌をⅠ期(早期)~Ⅳ期(末期)の4病期(ステージ)に分類するものです。

※原発巣・・・癌が最初に発生した場所にある病巣

解説
 胃癌、大腸癌に対しては、内科にて早期癌に対する内視鏡手術や外科での手術、術後化学療法等様々な治療方針に沿って、内科と外科で連携を取り治療を行っています。乳癌に対しては外科にて患者さんの個々の状況に応じて治療方針を決定しています。肝癌に対しては、主に肝動脈塞栓術や薬物療法を行っています。当院ではⅢ期、Ⅳ期といった進行した癌や再発の件数も多く、主に化学療法を行っています。
 なお、UICC病期分類が不明に分類されている症例については、治療前の検査入院に該当する患者さんで、入院中に検査結果が出ていないため、病期分類ができない事が理由として挙げられます。

 ※ 患者数10件未満は「ー」で表しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 12 11.67 63.42
重症度 1 45 17.40 80.89
重症度 2 33 32.27 82.64
重症度 3 21 32.71 85.67
重症度 4
重症度 5
不明
 成人の市中肺炎の患者さんの人数を重症度別に集計しました。重症度は、成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類システムを用いています。

注:
 入院のきっかけとなった傷病名、および最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支肺炎、急性細気管支炎であるものとし、インフルエンザウイルスなどのウイルスによる肺炎や食べ物の誤嚥による肺炎、気管支炎などは集計対象外となっています。また、成人の肺炎の指標なので、小児肺炎を集計対象外となります。

○市中肺炎   :普段の社会生活の中で成人が羅漢した肺炎のことです。

○平均在院日数:病院に入院していた日数(在院日数)の平均値です。

解説
 患者数が多いのは重症度1~重症度3ですが、他の重症度も少なからず存在します。重症度が上がるにつれ治療に日数がかかっていることが表れています。また重症度0の患者さんの平均年齢が60代前半であるのに比べて、重症度1~重症度4では平均年齢が80歳以上の年齢になっており、市中肺炎は年齢が上がるごとに重症化しているのが分かります。成人市中肺炎診療ガイドラインでは軽症の患者さんは入院加療の適応ではないことがありますが、軽症の患者さんであっても先天疾患や癌の既往などで重症化を危惧され入院となるケースがあります。

 ※ 患者数10件未満は「ー」で表しています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 -
I63$ 脳梗塞 3日以内 85 83.22 77.55 20.00
その他 20 119.35 79.10 3.81
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> -
I679 脳血管疾患,詳細不明 -
注:
 脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計しました。

 最も医療資源を投入した傷病名の脳梗塞ICD-10コード上3桁で集計する。

○ICD-10コード
 国際疾病統計分類第10回改正(ICD-10)に基づいて、様々な傷病名が分類され、コード化されています。世界の異なる国における傷病名の状況を比較できることを目的とした標準分類です。

○平均在院日数
 病院に入院していた日数(在院日数)の平均値です。

○転院率
 該当する症例数の内、当院から他の病院に移動して継続入院(転院)することとなった患者さんの割合です。

解説
 脳梗塞入院は発症して早期に入院される患者さんがほとんどで、発症3日以内の急性期脳梗塞が全体の80%と高率となっています。平均年齢は77~79歳で高齢者の方が多くなっています。急性期治療の後、リハビリも施行するため、平均して2~3カ月間の入院となります。入院治療終了後は、約8割の患者さんが自宅及び施設に帰られますが、後方支援病院への転院も行っております。

 ※ 患者数10件未満は「ー」で表しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 178 0.83 1.74 0.56 68.73
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 66 5.35 16.47 7.58 79.71
K6871 内視鏡的乳頭拡張術 21 2.67 12.05 0.00 77.00
 大腸ポリープ等に対する内視鏡的結腸ポリープ切除術が多く実施されており、次いで十二指腸腫瘍、胆管腫瘍、膵頭部腫瘍等による閉塞性黄疸に対する内視鏡的胆道ステント留置術が実施されています。その他、内視鏡的乳頭拡張術、小腸結腸内視鏡的止血術、内視鏡的消化管止血術等が実施されています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 13 9.77 15.62 7.69 83.38
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 13 13.62 3.85 0.00 69.62
K597-2 ペースメーカー交換術
 ペースメーカー移植術、経皮的冠動脈ステント留置術が多く実施されており、ペースメーカー移植術の平均年齢が83歳と高齢の患者さんに対し実施されています。次いで体外ペースメーキング術、ペースメーカー交換術など実施されています。

 ※ 患者数10件未満は「ー」で表しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 25 1.44 5.16 0.00 70.76
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 19 7.16 6.37 0.00 65.68
K610-3 内シャント設置術 15 3.93 13.87 0.00 69.47
 鼠径ヘルニア手術が多く実施されており、次いで胆のう結石症などに対し実施される腹腔鏡下胆嚢摘出術が実施されています。その他、慢性腎不全の患者に対する内シャント設置術、結腸切除術、乳腺悪性腫瘍手術、胃切除術など実施しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 52 2.06 48.44 0.02 81.77
K0462 骨折観血的手術(前腕) 33 1.18 6.70 0.00 70.36
K0811 人工骨頭挿入術(股) 20 2.60 55.95 0.00 83.80
 大腿骨骨折に対する骨折観血的手術、人工骨頭挿入術が多く実施されており、平均年齢も80歳代と高くなっています。その他、前腕・下腿・上腕に対する骨折観血的手術、膝関節・股関節に対する人工関節置換術、手根管開放手術、椎弓切除術等が実施されています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9091 流産手術(妊娠11週までの場合) 10 0.00 0.80 0.00 30.70
K861 子宮内膜掻爬術
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの)
 流産手術の件数が多く実施されており、その他、帝王切開・子宮内膜掻爬術・子宮附属器腫瘍摘出術などが実施されています。

 ※ 患者数10件未満は「ー」で表しています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 261 0.95 1.02 0.00 77.07
K224 翼状片手術(弁の移植を要するもの)
K2542 治療的角膜切除術(その他のもの)
 白内障に対する水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)を多く実施しており、次いで翼状片手術、治療的角膜切除術などを実施しています。平均入院日数は3日程度となっており、平均年齢が70歳以上となっています。患者さんの大半が白内障に対する入院となっており、安心して入院・手術ができる体制をとっています。

 ※ 患者数10件未満は「ー」で表しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 10 0.28
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 32 0.91
異なる
 播種性血管内凝固、敗血症、真菌症、手術・処置などの合併症の患者数と発症率を集計しました。

 DPC病名と入院契機が「同一」か「異なる」に分類して集計しております。

定義:
 同一は、「ある病気の診療目的で入院し、その病気の治療を行なった」ということを意味しており、異なるは「ある病気の診療目的で入院したが、併発していた、もしくは入院中に違う病気が発症したことにより、その治療が主となってしまった場合」ということを意味しています。

注:
 最も医療資源を投入した傷病名が播種性血管内凝固(DPCコード:130100)、敗血症(DPCコード:180010)、その他真菌症(DPCコード:180035)、手術・術後の合併症(DPCコード:180040)について患者数をカウントし、全入院患者に対する発症率を掲載する。
 発症率はそれぞれの患者数÷全入院患者数×100とする。

※指標に示されるそれぞれの用語は以下の通りです。

○DPC6桁分類(DPCコード)
 14桁あるDPCコードのうち、上6桁で病名が表されるコードです。DPCコード6桁で表示される場合は、病名による分類を表しており、医療行為などは含まれておりません。

○播種性血管内凝固
 感染症などによって起こる、全身性の重症な病態です。治療に大きな医療資源が投入されるため、該当するDPCで高額な点数が設定されています。

○敗血症
 感染症によって起こる、全身性炎症反応の重症な病態です。治療に大きな医療資源が投入されるため、該当するDPCで高額な点数が設定されています。

○真菌症
 真菌による感染症です。

○手術・処置などの合併症
 手術や処置などに一定割合で発生してしまう病態です。術後出血や創部感染などが挙げられます。合併症は、どのような術式でもどのような患者さんでも、一定の確率で起こり得るものなので、医療ミスとは異なります。

○入院契機
 DPCコードにて分類される主病名とは別に、入院のきっかけとなった病名(入院契機病名)がそれぞれの患者さんにつけられます。

◇発症率
 全入院患者さんのうち、該当の病気で発症した患者さんの割合です。

解説
 播種性血管内凝固や敗血症は、臨床的に根拠のある診断でなければならないDPC病名とされています。平成26年度の全国のDPCデータ集計では、全症例に対する割合は播種性血管内凝固が0.17%,敗血症は0.56%となっており、当院は全国平均より低い割合となっています。
 敗血症については、DPC病名と入院契機病名が異なる場合の入院契機病名として挙げられるのは、肺炎が2件、尿路感染症が2件、腎疾患が2件、めまい症が1件でした。
 手術・処置などの合併症については、ほとんどがDPC病名と入院契機病名が同一である症例でした。つまり、手術・処置などの合併症を主訴として入院され、治療を受ける入院患者さんが多いということです。手術・処置などの合併症にあたる症例としては、透析を受けれれている患者さんのシャント閉塞や狭窄による機能不全が16件、手術創や腹腔内に感染が起こってしまう術後感染症が5件、人工関節の脱臼が3件、胃や大腸の内視鏡的治療後の消化管出血が3件などでした。

 ※ 症例数10件未満は「ー」で表しています。
更新履歴
2016/09/30
平成27年度の病院指標を公開しました。