ここからメイン部分です。

RSS
2018年01月15日(月)

わかりやすい医療をめざして ~ クリニカルパスのご案内 ~

(平成30年1月15日 更新)
当院でお渡ししている「クリニカルパス」についてご紹介いたします。

クリニカルパスとは
おもに入院時に患者さんに手渡される、病気を治すうえで必要な治療・検査やケアなどをタテ軸に、時間軸(日付)をヨコ軸に取って作った診療スケジュール表のことです。このシステムはアメリカで始まり、日本には90年代なかばに導入され、現在では広く普及しています。...

日本クリニカルパス学会より引用



もっとわかりやすい医療をめざして

留萌市立病院では、誰にもわかりやすい医療をめざしています。

医療は外来から始まります。入院が必要な治療や検査も外来で説明します。
しかし実際の入院では、治療や検査に必要な処置や行動制限、食事制限などがあり、その都度説明しているのが現状です。つまり患者さんにとっては、入院してから初めて知ることが多いのです。

一度でも入院された方は、そうした経験があるのではないでしょうか?一度も入院経験のない方は、自分がこれからどんなことをされるのか、どんな状態になるのか不安を感じるものです。

クリニカルパスのイメージ
クリニカルパスのイメージ
(「下肢静脈瘤ストリッピング手術」の例)
そこで「クリニカルパス」の出番です。クリニカルパスは、外来から入院、退院にいたるまでの治療や処置の流れをわかりやすく一覧表にしたものです。

この表は、下肢静脈瘤手術を受ける患者さんにお渡ししているクリニカルパスの一例です。外来ではどんなことをしているのか、入院後はどんな処置があるのか、手術後はいつから動けるようになるのかなど、ひと目でわかるようになっています。

また、私たち医療スタッフにも専用のクリニカルパスがあります。スタッフ用のクリニカルパスは、チェックリスト形式になっており、どなたに対しても同質の医療・看護を行うことができるようになっています。
このように、クリニカルパスによって治療開始から退院までの経過がわかっていると、患者様の入院生活に余裕がうまれ不安の解消につながります。

留萌市立病院で使用するクリニカルパス(全135種類 / 平成30年1月現在)

これより先、長大なリストです。読み上げの際にはご注意ください。

診療科名称
内科
  • 全大腸内視鏡検査(モビプレップ用)クリニカルパス[A][B]
  • 全大腸内視鏡検査(ニフレック用)クリニカルパス[A][B]
  • 全大腸内視鏡検査後即入用パス
  • 内視鏡的粘膜下層剥離術クリニカルパス[B]
  • 胃瘻造設術クリニカルパス[B]
  • 肝生検クリニカルパス[A][B]
  • ラジオ波凝固療法クリニカルパス
  • 腹部血管造影クリニカルパス[B]
  • 静脈CVポート造設術パス[B]
  • 経皮経肝胆道ドレナージ・経皮経肝胆嚢ドレナージパス
  • 食道胃十二指腸内視鏡・超音波内視鏡クリニカルパス
  • 注腸バリウム・注腸ガストロクリニカルパス
  • 内視鏡的逆行性膵胆管造影・内視鏡的逆行性胆管ドレナージ・内視鏡的経鼻胆管ドレナージ・内視鏡的乳頭括約筋切開術パス
  • 内視鏡的硬化剤注入療法・内視鏡的静脈瘤結紮術クリニカルパス
  • PEG(検査チーム用)クリニカルパス
循環器科
  • 心臓カテーテル検査クリニカルパス 上肢用
  • 心臓カテーテル検査クリニカルパス 鼠径部用
  • ペースメーカー交換パス
  • ペースメーカー植込パス
  • 心臓カテーテルインターベーションクリニカルパス 上肢用
  • 心臓カテーテルインターベーションクリニカルパス 鼠径用
  • 心臓カテーテル検査(検査チーム用)クリニカルパス
小児科
  • 気管支炎・肺炎クリニカルパス
  • RS・喘息クリニカルパス
  • 急性胃腸炎クリニカルパス
外科
  • 下肢静脈瘤手術クリニカルパス
  • ヘルニア根治術クリニカルパス
  • 腹腔鏡下胆嚢摘出術クリニカルパス
  • 甲状腺摘出術クリニカルパス
  • 痔核根治術クリニカルパス
  • 腹腔鏡下虫垂切除術クリニカルパス
  • 乳房切除術クリニカルパス
  • 血管造影クリニカルパス 長尺用
  • 血管造影クリニカルパス IA-DSA用
  • 小児ヘルニア根治術クリニカルパス
  • 下部消化管術前パス[A][B]
  • 胃切除術パス
  • 右半結腸切除術術前パス
  • 開腹下虫垂切除術小児用パス
  • 開腹下虫垂切除術成人用パス
  • 新規内シャント造設パス
  • CVポート造設術パス 手術室用
  • 虫垂切除術(開腹・腹腔鏡下)パス 手術室用
  • ヘルニア嵌頓修復術パス 手術室用
  • 鼠径ヘルニア根治術パス 手術室用
  • イレウス解除術パス 手術室用
  • 下肢静脈瘤手術パス 手術室用
  • 腹腔鏡下胆嚢摘出術 手術室用
  • 腹腔鏡下イレウス解除術 手術室用パス
  • 胸腔鏡視下手術 手術室用パス
  • 甲状腺摘出術 手術室用パス
  • 内シャント造設術・修復術 手術室用パス
  • 外科全身麻酔手術 手術室用パス
  • 外科脊椎麻酔手術 手術室用パス
  • 外科局所麻酔手術 手術室用パス
整形外科
  • 人工膝関節置換術クリニカルパス
  • アキレス腱縫合術パス
  • 橈骨遠位端骨折骨接合術(プレート)パス
  • 大腿骨頚部骨人工骨頭置換術パス
  • 大腿骨人工股関節(THA)パス
  • 大腿骨転子間骨折骨接合術パス
  • 大腿骨頚部骨折骨接合術パス
  • 手根管症候群パス
  • 脊髄腔造影(ミエロ・ルートブロック)パス
  • 膝関節鏡検査パス
  • 前十字靭帯再建術パス
  • 足関節外果骨折骨接合術パス
  • 足関節三果骨折骨接合術パス
  • 上肢抜釘クリニカルパス
  • 下肢抜釘クリニカルパス
  • 肘部管症候群クリニカルパス
  • 大腿骨頚部・転子間骨折骨接合術クリニカルパス 手術室用
  • 人工骨頭置換術クリニカルパス 手術室用
  • 橈骨遠位端骨折骨接合術クリニカルパス 手術室用
  • アキレス腱縫合術パス 手術室用
  • 骨内異物除去術(鎖骨・上腕骨・橈骨・尺骨)クリニカルパス 手術室用
  • 骨内異物除去術(下腿骨)クリニカルパス 手術室用
  • 尺骨神経移所術クリニカルパス 手術室用
  • 手根管解放術クリニカルパス 手術室用
  • 骨接合術クリニカルパス(プレート・スクリュー使用)手術室用
  • 骨接合術(テンションバンド)手術室用
  • 経皮ピンニング 手術室用
  • 骨接合術(上腕骨髄内釘)手術室用
  • (大腿骨・下腿骨)髄内釘手術 手術室用パス
  • 膝関節鏡手術 手術室用パス
  • 人工膝関節置換術 手術室用パス
  • 整形外科用全身麻酔パス 手術室用
  • 整形外科用脊椎麻酔パス 手術室用
  • 整形外科用局所麻酔パス 手術室用
産婦人科
  • 帝王切開クリニカルパス
  • 帝王切開(緊急用)クリニカルパス
  • 正常分娩クリニカルパス
  • 腹式子宮全摘出術クリニカルパス
  • 膣式子宮全摘術クリニカルパス
  • 腹腔鏡手術クリニカルパス
  • 内膜掻爬流産手術クリニカルパス
  • 帝王切開術クリニカルパス 手術室用
  • 婦人科開腹手術 手術室用
  • 婦人科膣式手術 手術室用
  • 腹腔鏡下手術 手術室用パス
泌尿器科
  • 経直腸的前立腺生検クリニカルパス
  • 会陰的前立腺生検クリニカルパス
  • 会陰的前立腺生検クリニカルパス(西原クリニック用)
  • 経尿道的膀胱切除術クリニカルパス
  • 前立腺肥大症クリニカルパス
  • 血液透析導入クリニカルパス
  • 尿管ステント交換クリニカルパス(無麻酔)
  • 尿管ステント交換クリニカルパス(腰椎麻酔)
  • 腎のう胞穿刺術クリニカルパス
  • ky・TRPBクリニカルパス 手術室用
  • 尿管ステント挿入・交換クリニカルパス 手術室用
  • 経尿道的膀胱腫瘍切除クリニカルパス 手術室用
  • 膀胱鏡・前立腺生検クリニカルパス 手術室用
  • 腎のう胞穿刺術クリニカルパス 手術室用
皮膚科
  • 帯状疱疹クリニカルパス
  • 蜂窩織炎クリニカルパス
  • 丹毒クリニカルパス
脳外科
  • ラクナ梗塞クリニカルパス
  • 心原性脳塞栓クリニカルパス
  • アテローム血栓性脳梗塞クリニカルパス
  • 脳血管造影(AG)クリニカルパス[A][B]
  • 開頭血腫除去・開頭脳腫瘍摘出術・脳動脈瘤クリッピング術 手術室用
  • 慢性硬膜下血腫除去術クリニカルパス 手術室用
眼科
  • 白内障(火・木用)クリニカルパス
  • 白内障(木・木用)クリニカルパス
  • 白内障(片眼用)クリニカルパス
  • 翼状片クリニカルパス
  • 角膜帯状変性パス
  • 白内障パス 手術室用
  • 全身麻酔下白内障パス 手術室用
  • 翼状片パス 手術室用
  • 眼科局所麻酔手術・手術室用パス
その他
  • 褥瘡クリニカルパス
  • ストーマケアパス
  • 糖尿病教育入院パス
2018年01月05日(金)

新年のごあいさつ

村松院長新年あけましておめでとうございます。

皆様には健やかに新年をお迎えのことと心からお慶び申し上げます。
また日頃から、皆様より留萌市立病院の運営に対しまして、ご支援ご協力賜り、厚く御礼申し上げます。今年も職員一丸となって留萌市立病院の理念である「地域にねざした信頼される病院」となるよう努力いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、年末は例年の4倍ともいわれる積雪を観測し、留萌市民は毎日雪かきに追われる日々でした。連日、全国放送で留萌の様子が映り、留萌港の灯台が倒壊したときには、すぐ近くで起こったこととはいえ、信じられない気持ちになりました。幸い、お正月は穏やかな日に恵まれました。
昨年の年頭では、良質な医療の維持、将来の飛躍ために多くの課題にどう対策を打ち出していくか、たくさんのアイディアが必要であること、酉年だけにコツコツと巣作りをしていき、職員一人ひとりから多くのアイディアの卵を産んでもらい、方針が決まったら、一丸となってひなをかえし、飛躍の年にしたいと職員に訓示いたしました。

地域医療構想が推し進められている中、昨年10月、以前から休床していた5階東病棟の病床を正式に返上することによって、外来化学療法室などを整備し施設の有効利用を推し進め、また、高齢化により需要が増加すると予測される人工透析室の拡充(3床増床)をしました。
地域医療の現状は、たいへん厳しい状況にありますが、私が赴任して今年4月には3年目を迎えます。“石の上にも3年”といわれますので、明るい兆しがたくさん見えてくることを願ってやみません。
とくに、医師確保問題は深刻でその解決は急務です。診療科の維持・充実のため、効率の良い人員配置・関連大学との連携・協力の強化など、よりよい医療を提供できるように最大限の努力を続けてまいります。また、臨床研修病院として研修医の受け入れは、指導医にも心地よい刺激があり大事なことと考えています。これから長い医師の人生を踏み出す臨床研修医にとって、当院のような地域に根差した地域医療の現場での初期研修は、大きな糧となることは間違いありません。病院の活性化のために、若い力は必須と考えています。

地域のセンター病院としての使命を全うすべく、幅広い疾患に対応できるような各診療科の体制維持・救急への対応など、地域医療の屋台骨を支えていくには厳しい状況ではありますが、今年こそ、病院にとってやれることを行動に起こさないと何も起きないので、“犬も歩けば棒にあたる”で慣習にとらわれず、積極的に解決に取り組んでまいります。
医師・看護師・薬剤師・検査技師・放射線技師・リハビリスタッフ・栄養士・医療事務スタッフなど多くの職員個々が、安心・信頼を提供する医療機関として今年もしっかり機能するよう、頑張ってまいります。
今後とも引き続きご理解・ご支援を賜りますようお願いを申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。


留萌市立病院 院長
村松 博士
2018年01月01日(月)

皮膚科 診療日変更のお知らせ

2018年1月5日(金)より皮膚科の外来診療日が変更いたします。

診療曜日受付時間診療開始時間
月曜日(毎週)午前 8:15 - 11:00
午後 13:00 - 15:00
午前 10:30 -
午後 13:30 -
火曜日(毎週)午前 8:15 - 11:00午前 8:45 -
木曜日(毎週)午前 8:15 - 11:00
午後 13:00 - 14:00
午前 10:30 -
午後 13:30 -
※ 月曜日または火曜日どちらかが祝日の場合は、外来診療時間が変更となりますのでお問い合わせください。

皮膚科のページヘ

2017年12月28日(木)

新留萌市立病院改革プラン評価委員会委員の公募について

留萌市立病院の経営改革を図るために、新留萌市立病院改革プラン評価委員会の市民委員を募集します。

  1. 活動内容
    平成29年3月に策定した新留萌市立病院改革プランの目標達成に向けた取り組みについて客観的な点検・評価を行う
  2. 対象者
    1. 市内に居住している方又は市内で働く方
    2. 留萌市の他の審議会等の委員になっていない方
    3. 応募日現在において、留萌市議会議員又は留萌市職員でない方
  3. 募集人数、任期、報酬等
    募集: 2人
    任期: 委嘱日より改革プラン終了時まで
    報酬: 出席1回につき3千円
  4. 応募方法
    次の事項に留意の上、必要書類を持参か郵送、ファクシミリ、電子メールのいずれかで下記担当へ提出してください。
    ※ 応募書類の返却はいたしません。
    応募書類
    1. 公募申込書
      1. 住所、氏名、電話番号、性別、生年月日、メールアドレス
      2. 職歴等
      3. 他審議会等の就任関係
      4. 応募の動機
    2. 病院へのメッセージ
      1. テーマ: 住民に求められる病院となるために必要なこと
      2. 文字数: 400字程度
      3. 様式等: テーマと氏名をご記入ください
        • パソコンの場合: A4用紙、様式は問いません
        • 手書きの場合: 400字詰め原稿用紙1枚程度

    申込用紙をダウンロード

  5. 選考方法
    書類審査および必要に応じて面接を実施
  6. 応募期間
    平成30年1月9日(火)〜26日(金) 必着
  7. 選考結果
    選考結果は、応募者全員に郵送でお知らせします。
    選定された方の氏名は、ホームページで公表いたします。

担当(お問い合わせ先・応募先)

〒077-8511
留萌市東雲町2丁目16番地1
留萌市立病院 経営企画課 経営企画係
TEL: 0164-49-1011(内線1016)
FAX: 0164-43-0337
Email: zaimu@rumoi-hp.jp

2017年12月01日(金)

社会福祉士の募集(第2回)を開始しました

来年度採用の社会福祉士の採用募集を開始しました。
くわしくは募集ページをご覧ください。

あらたに募集を開始した職種
2017年11月27日(月)

年末年始における診療体制変更のお知らせ

年末年始にあたり、診療予定を下記の通り変更いたします。
ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
なお、休診日でも救急外来は受け付けております。

年末年始のスケジュール

12月29(金)通常診療
30(土)週休日休診
31(日)祝日および
年末年始の休日
休診
1月1(月)休診
2(火)休診
3(水)休診
4(木)休診
5(金)臨時開院
6(土)週休日休診
7(日)休診
8(月)祝日休診
9(火)通常診療

臨時開院日の診療体制
診療科目午前午後
総合内科-休診
消化器内科-休診
循環器内科-休診
呼吸器内科-休診
神経精神科-休診-休診
小児科
外科-休診
整形外科-休診
産婦人科-休診
皮膚科-休診-休診
形成外科-休診
泌尿器科-休診-休診
耳鼻咽喉科-休診-休診
眼科-休診
脳神経外科-休診
2017年11月07日(火)

広報誌『いもる』第8号を公開しました

留萌市立病院 広報誌『いもる』
留萌市立病院 広報誌『いもる』第8号を公開しました。

INDEX
特集 るもい呑涛まつり
FOCUS ─ 病院で働く人 ─ 医療ソーシャルワーカー
薬局からこんにちは 降圧剤について
栄養士のフライパン 鮭おこわとキノコの味噌汁
病院からのお知らせ 診療体制の変更等
ホスピタルニュース1 闘魂外来
ホスピタルニュース2 地域医療ワークショップ

留萌市立病院 広報誌『いもる』第8号
バックナンバーはこちら

2017年10月16日(月)

インフルエンザ&肺炎球菌ワクチン(成人)の接種について

※ インフルエンザワクチン 予約・受付は終了しました



予約受付
10月23日(月)から

接種開始日
[高校生以上の方] 11月1日(水)から
[中学生以下の方] 11月2日(木)から

高校生以上で、車椅子や歩行に介助を必要としない方


実施場所
東雲診療所(要予約・電話のみ)

予約受付(日時・場所)
[月~金] 8:45 - 15:15
(東雲診療所 TEL: 0164-49-1011 内線6502)

接種日(日時・受付場所)

[水] 11:00 - 12:00(東雲診療所)


高校生以上の方


実施場所
留萌市立病院 麻酔科外来(予約) / 総合案内(当日受付)

予約受付(日時・場所)
[月~金] 13:00 - 15:00
(中央処置室 TEL: 0164-49-1011 内線1510)

当日受付(日時・場所)
[火・水] 13:15 - 13:30
(総合案内にて受付いたします)

接種日(日時・受付場所)

予約あり:[月~金] 11:15 - 11:30(麻酔科外来)
予約なし:[火・水] 13:15 - 13:30(総合案内)

※ 高校3年生の方は「旅立ち応援のためのインフルエンザワクチン」対象です。
下記時間帯で受け付けております。


■ 旅立ち応援のためのインフルエンザワクチン

実施場所
留萌市立病院 内科外来(要予約・電話のみ)

対象者
高校3年生

予約受付(日時・場所)
[月~金] 13:00 - 15:00
(医事課 TEL: 0164-49-1011 内線1017)

接種日(日時・受付場所)
[月] 16:30 - 16:45(内科外来)


中学生以下の方


実施場所
留萌市立病院 小児科外来(要予約・電話のみ)

予約受付(日時・場所)
[月~金] 8:15 - 15:00
(小児科外来 TEL: 0164-49-1011 内線1276)

接種日(日時・受付場所)

[火・木] 一般ワクチン同時接種:13:30 - 14:30(小児科外来)
[火・木] インフルエンザのみ:15:30 - 16:00(小児科外来)

※ 小学6年生・中学3年生の方は「旅立ち応援のためのインフルエンザワクチン」対象です。受付、接種日時は中学生以下の方と同様です。


接種料金


インフルエンザワクチン13才以上(1回接種)3,800円
13才未満(2回接種)3,100円(1回目)
2,600円(2回目)
※ 小学6年生・中学3年生・高校3年生の方は「旅立ち応援のためのインフルエンザワクチン」対象です。以下をご利用いただけます。

■ 「旅立ち応援のためのインフルエンザワクチン」対象者 接種料金

中学3年生の方・高校3年生の方(1回接種) 1,500円
小学6年生の方(2回接種) 各 1,500円



肺炎球菌ワクチン(成人)65才以上7,000円
※ 65才以上の留萌市・増毛町・小平町の方は、助成制度をご利用いただけます。
(60才以上65才未満の方でも、疾病による助成制度もあります。)

■ インフルエンザワクチン 助成制度を利用した場合の接種料金

留萌市・小平町の方 1,500円
増毛町の方 900円(国保・後期高齢者保険)/ 1,900円(左記以外の保険)

■ 高齢者肺炎球菌ワクチン 助成制度を利用した場合の接種料金

留萌市・増毛町・小平町の方 3,500円

助成制度の詳細については、各市町村役場へお問い合わせください。



このページの内容をPDFでダウンロード

2017年09月25日(月)

「地域医療ワークショップ in 留萌」を開催しました

平成29年8月26日(土)、旭川医科大学地域医療再生フロンティア研究室の主催で、留萌市保健福祉センター「はーとふる」に医学生、市民にお集まりいただき、「地域医療ワークショップ in 留萌」を開催しました。
旭川医科大学フロンティア研究室教授の長内忍先生、客員准教授の住友和弘先生、旭川医科大学生6名、東北医科薬科大学生3名、市民29名を交え、地域医療についてグループワークをおこないました。


(画像をクリックすると拡大します。)

留萌市立病院村松院長による基調講演「留萌市立病院と留萌市の地域医療の現状について」
留萌市立病院村松院長による基調講演「留萌市立病院と留萌市の地域医療の現状について」
旭川医科大学フロンティア研究室客員特任教授の長内忍先生による話題提起「最近の気になる話題と未来予想図」
旭川医科大学フロンティア研究室客員特任教授の長内忍先生による話題提起「最近の気になる話題と未来予想図」
グループワークの様子
グループワークの様子
グループワークの様子
グループワークの様子

「10年後の地域医療はどう変わっているか? 10年後も元気でいるために必要なことを考えよう」をテーマに6グループに分かれ、各グループでファシリテーター、発表者、書記を決め、まとめで2分間のプレゼン、1分間の質疑応答をおこないました。
優秀チームは、高齢独居者の孤独死や子育ての負担軽減、健康の維持(お酒・たばこの抑制、運動・健診の受診など)のため3世代同居を提案し、「地域を元気にするで賞」が贈られました。

Eグループまとめ「地域を元気にするで賞」
Eグループまとめ「地域を元気にするで賞」
プレゼン、質疑応答
プレゼン、質疑応答
プレゼン、質疑応答
プレゼン、質疑応答
プレゼン、質疑応答
プレゼン、質疑応答
最後に全員で記念撮影!
最後に全員で記念撮影!
2017年09月01日(金)

小児科からのお知らせ

平成29年9月1日より、ワクチン外来の曜日が変わりました。

(旧)毎週火・水曜日 → (新)毎週火・木曜日

ここまでがメイン部分です。

ページの先頭へ