ここからメイン部分です。

RSS
2017年07月06日(木)

実践型臨床実習「闘魂外来」開催レポート

闘魂外来・闘魂祭 in 留萌 開催レポート
平成29年7月1日(土)、今年で3回目となる、北海道ではココだけの「闘魂外来・闘魂祭」を開催しました。

医学生10名と他院の研修医2名、それに「ドクターG」こと徳田安春先生をはじめとする闘魂チームの指導医の皆さんに留萌市立病院にお集まりいただき、村松院長、高橋副院長と当院研修医・看護師が参加しました。

(画像をクリックすると拡大します。)

1. 今年も始まりました闘魂外来!
1. 今年も始まりました闘魂外来!
2. 徳洲会奄美ブロック総合医療研修センター長の平島修先生率いるAチーム
2. 徳洲会奄美ブロック
総合医療研修センター長の
平島修先生率いるAチーム
3. 国立病院機構大阪医療センター総合診療科の松本謙太郎先生率いるBチーム
3. 国立病院機構大阪医療センター
総合診療科の
松本謙太郎先生率いるBチーム
4. 国立国際医療研究センター病院国際感染症センターの忽那賢志先生率いるCチーム
4. 国立国際医療研究センター病院
国際感染症センターの
忽那賢志先生率いるCチーム
※ 諏訪中央病院総合診療科の宮里悠佑先生には、すべてのチームのフォローをしていただきました。

闘魂外来では、指導医の先生方とともにチームを組んで、患者さんの協力を得ながら実際に患者さんの診察を行い、午後からの闘魂祭では症例発表と質疑応答を通じて『なぜそう考え、診断にいたったのか』を参加者全員で振り返りました。

5. 診察前の作戦会議から始まります
5. 診察前の作戦会議から始まります
6. 指導医が見守るなか、診察にあたります
6. 指導医が見守るなか、診察にあたります
7. 徳田先生のアドバイスを受けながら治療方針を決定
7. 徳田先生のアドバイスを受けながら治療方針を決定
8. 診察の合間を縫って、グラム染色道場
8. 診察の合間を縫って、
グラム染色道場
9. 「闘魂祭」では闘魂外来の症例を発表
9. 「闘魂祭」では闘魂外来の症例を発表
10. 質疑応答で診療の理解を深めます
10. 質疑応答で診療の理解を深めます

11. 記念撮影は、やっぱりこのポーズ
11. 記念撮影は、やっぱりこのポーズ

12. 祭りのあとは、留萌の幸満載のBBQ
12. 祭りのあとは、留萌の幸満載のBBQ
13. “二次会”の特別講習は日付が変わるまで
13. “二次会”の特別講習は日付が変わるまで

ここまでがメイン部分です。

ページの先頭へ